カードローンを利用する時は借り過ぎに気をつけて

急にお金が必要になったものの、生憎給料日前で、手許にお金がなくて困ったことはないでしょうか。

そのような時には、やはりカードローンがおすすめです。それもできれば、金利の低いカードローンを利用するのがいいでしょう。

金利の低いカードローンといえば、やはり銀行のがいいと思います。

しかし銀行では、アルバイト、あるいはパートタイムで仕事をしている時は、審査に通りにくいということもあります。

銀行の場合は、安定した収入がある人ほど通りやすいからです。そのような場合は、消費者金融で申込むといいでしょう。

消費者金融は銀行よりも審査が緩いので、アルバイトやパートの人でも通りやすくなっています。しかし気をつけたい点もあります。

まず消費者金融は、銀行よりも金利が高いです。消費者金融の上限が20パーセントに、銀行は14パーセント程度です。

それから、総量規制があります。総量規制というのは、本人の年収の3分の1に当たる金額を、借入の上限とする方法です。

総量規制は消費者金融の利用すべてが対象なので、消費者金融を何社も利用していると、借入金額が上限を超えてしまい、それ以上は借りられないこともあります。またカードローンでお金を借りる時は、借り過ぎに注意しましょう。特にA社の返済を、B社から借りることで済ませるようになると、今度はそのB社の返済に困ってしまい、今度はC社から借りて、B社の返済に充てるようになります。

こういうのを多重債務状態といいます。

多重債務状態になった時は、まず自分が借りている銀行や消費者金融に相談して、返済を見直してもらうか、あるいはおまとめローンを利用するようにします。もしどちらも無理な時は債務整理があります。

しかしお金を借りる時は、まず自分で返済できる範囲内にとどめておくのが一番です。

安易な気持ちでカードローンに申し込み、債務整理をしなければならなくなったという事態に陥らないよう、いくら借りてどう返済するのか、その計画を立ててから申し込むようにしてください。

関連記事

キャッシングはインターネット申し込みが便利

未分類

キャッシングをしたいと考えているけれど、店舗で申し込みをするのに抵抗があるという方も多いです。しかし、キャッシングは今はインターネットから手軽に申し込みをすることが出来ます。 インターネットの場合、店舗まで訪れる必要がありませんし、自宅だったり、好きな場所から申し込みをすることが出来ま...記事を読む

ささいなことが原因で審査に落ちることもあります

未分類

カードローンの審査に必ず通ると思ったけど、落とされてしまったという経験はありませんか。 収入があって、しかもいわゆるブラックリストに載ってさえいなければ、まず通ると考えていいのですが、ささいなことが理由で落ちてしまうこともあります。 たとえば他にもお金を借りていて、その件数が多い...記事を読む

ネット銀行口座が、ネットキャッシングでの必須条件である理由

未分類

現在の私は、30代後半まで利用していた従来型の銀行口座を閉鎖して、保有している銀行口座のほとんどが、ネット銀行あるいはネットバンキングシステム付きである地方銀行のものになっています。 やはり、ネットキャッシングのサービスを利用して、お金を現金の形で借り入れをしているような状態ですので、...記事を読む

無人店舗を利用すれば、ストレスなく手続きを済ませられる

未分類

最近、あらゆるメディアでキャッシングサービスの情報を目にしますよね。 これは、裏を返せば「それだけ多くの方がお金を必要としている」という事に他なりません。が、ここでネックになってくるのが、諸々の手続きです。 私も数年前にかなりの金欠状態に陥り、キャッシングサービスを利用してみよう...記事を読む

このページの先頭へ