カードローンの年齢制限について

カードローンは非常に便利なサービスですが、利用条件が定められているので、誰でも使えるわけではありません。

その利用条件の一つに、「年齢制限」があります。

その幅は、消費者金融系と銀行系で異なります。

まず、消費者金融系の場合、だいたい「満20歳~69歳以下」となっています。

満20歳というのは、未成年者に貸してしまうことを防ぐためです。

未成年者は、親権者または後見人の同意を得ずに、契約などの法律行為が行えません。

そして、未成年者が法律行為を行った場合、後から取り消すことが可能です。

つまり、未成年者にお金を貸すと、返って来ないリスクがあるということです。

そして上限は69歳となっていますが、記載はされていないものの、「年金以外の定収入がある」ということが前提となっています。

次に、銀行系の場合。

こちらは「満20歳」という下限は同じですが、上限は「60歳~70歳」と幅があります。

そして、年金しか収入がなくても借りられることが多くなっています。

銀行だと、「年金の振込口座を自行に作ってもらうことで、利益になる」「滞納があっても、すぐに口座を差し押さえることができる」という二つの利点があるため、少し条件が緩和されているのです。


このページの先頭へ